基本が大事なFX

PAGE LIST

通貨傾向も大切

お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 外国為替取引であれば、各国の通貨を利用することになります。
FXでも同様であり、通貨傾向を知っておくことが、役立つ場合があります。
外国為替相場では、自由な取引がなされていても、経済政策などに関係しているため、一定の傾向があるようです。
まず、もっとも代表的な通貨と言えば、ドルになります。
アメリカの通貨であり、現在の基軸通貨です。
傾向も、基軸通貨らしく、経済ばかりでなく、政治の影響も受けます。
特に、国際政治で大きな動きがあれば、ドル相場が動き、戦争ではそれがより一層大きくなるようです。
アメリカが関わっていてもいなくても同様であり、ある意味、アメリカの通貨であれば、アメリカを越えているのでしょう。
次に、ユーロがあります。
EUの統一通貨であり、現在、ユーロ危機も叫ばれています。
しかし、ドルに次ぐ国際決済通貨であり、ドルと反対の動きをすることで有名です。
ドルに対抗しながらも、ドル救済の役割も期待されているようです。
三つ目に、ポンドになります。
これは、かつての基軸通貨であり、イギリスの通貨です。
大西洋をつなぐような位置にあり、一日の取引が相当あるようです。
そのため、一日の値動きが激しく、初心者向きの通貨ではないようです。
以上、代表的な通貨となっていますが、このほか金利の高い通貨で有名なものがあります。
オーストラリアドル、あるいは、南アフリカのランドが、代表的です。
ちなみに、円は、ゼロ金利政策が継続しています。
それが、円高の一因にもなっていると見られているようです。

人気の記事

ウェブマスターお勧めのサイトをご紹介

Copyright (C)2017基本が大事なFX.All rights reserved.